2016年09月27日

玉置浩二フルオーケストラツアー(2015年、2016年)の公演情報まとめ

2016年フルオーケストラ公演第2弾「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-」&「横浜音祭り2016」



3月30日朝日新聞の夕刊にて現代美術家の横尾忠則さんが制作したツアー広告が掲載され、

2015年から2016年春にかけて行われた玉置さんのフルオーケストラ公演が5月から8月にかけて全国8都市で行われるみたいです。

さらに9月には横浜での音楽イベントでもシンフォニックコンサートが予定されています。

というわけで

以下、公演日程やセットリストなど情報をまとめていきます。

(リンク)公式サイト



スポンサーリンク







セットリスト
「歓喜の歌」
「オレンジ」
「雨」
「あなたに」
「ロマン」
「SOS」
「キラキラニコニコ」
「ミスターロンリー」〜「メロディー」メドレー
「いつの日も」
「スピリットオブトラディション DANCE」
「碧い瞳のエリス」〜「Friend」〜「恋の予感」
「To me」
「君がいないから」
「GOLD」
「行かないで」
「ワインレッドの心」〜「じれったい」〜「悲しみにさよなら」
「夜想」

アンコール
「田園」
「夏の終わりのハーモニー」


公演開始前
6月1日
青田典子さんのブログで直前リハーサルの貴重な写真が公開。
(リンク)記事タイトル「玉置浩二コンサート リハーサル」

日程


2016年6月2日(木)〜3日(金) 東京:Bunkamuraオーチャードホール
「悲しみにさよなら」の「愛をみんなのために」部分を「愛を熊本のために」に歌詞変更。
公演後の記者会見で体重が5キロ痩せ体調が良くなったことや、酒を断っていることを報告。
会場には安全地帯の矢萩さんや六土さん、哀川翔さん、八神純子さんら多数の有名人が観劇に来られていたようです。

初日公演翌日のフジテレビ「めざましテレビ」など数々の情報番組でライブ・囲み取材の映像とともに玉置さん復帰のニュースが報道されました。

青田さんのブログには本番直前や舞台裏の貴重な画像が掲載されています。
(リンク)記事タイトル「玉置浩二プレミアムシンフォニックコンサート」



2016年6月7日(火) 大阪:フェスティバルホール
開場ロビーには地元大阪のメディアであるFMCOCOLOやテレビ大阪からのお花が飾ってありました。

指揮を担当した飯森範親さんがリハーサルでの玉置さんについて絶賛するツイートをされてます。
(リンク)飯森さんのツイート



2016年6月8日(水) 京都:京都市コンサートホール
青田さんが公演の貴重なお写真を公開しています。
(リンク)記事タイトル「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」



2016年7月7日(木) 大阪:フェスティバルホール

バイオリニストの崔文洙さんが玉置さん・指揮者の大友さんと一緒に撮影した貴重な写真を公開。
(リンク)画像

青田さんが公演前や公演中の貴重な画像をブログで公開
(リンク)記事タイトル「玉置浩二ビルボードクラッシックス2016」




2016年7月11日(月)、27日(水) 埼玉:大宮ソニックシティ

青田さんが公演前の玉置さんの写真を公開
(リンク)11日の写真
(リンク)27日の写真



2016年7月14日(木) 北海道:札幌 ニトリ文化センター

青田さんが笑顔の玉置さんの写真をアップ
(リンク)記事タイトル「玉置浩二ビルボードクラッシックス2016」



2016年7月21日(木) 福岡:福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)

青田さんが公演の貴重な写真をアップ
(リンク)画像



2016年7月29日(金) 愛知:愛知県芸術劇場大ホール
「玉置浩二×西本智実 プレミアム・シンフォニック・コンサート-21st CENTURY RENAISSANCE- 名古屋特別公演」
チケット価格
11000円

公演パンフレットでは西本智実さんが「行かないで」が好きな曲であると書かれていました。
テレビカメラも入っていました(9月19日放送予定)。※番組の感想等は安玉年表内で書きます。

青田さんが公演中、そして西本さんと玉置さんの貴重な2ショット画像を公開。
(リンク)玉置浩二×西本智実 プレミアムシンフォニックコンサート



2016年8月11日(木) 熊本:熊本県立劇場



チケット価格(7/29名古屋公演を除く)
12500円




2016年9月22日(木)
横浜音祭り2016オープニングコンサート
「玉置浩二プレミアム・シンフォニック・コンサート」
(リンク)公式サイト
開場:横浜みなとみらいホール 大ホール

23日(金)
横浜音祭り2016
「billboard classics 玉置浩二プレミアム・シンフォニック・コンサート」
(リンク)公式サイト
開場:横浜みなとみらいホール 大ホール

料金は両日とも11000円

(リンク)青田さんのブログ
(リンク)玉置浩二・青田典子夫妻 『横浜音祭り2016』でにこやかなショット




追記
このツアー終了後すぐに玉置浩二ソロツアーが開始することが発表されました。
(リンク)玉置浩二CONCERT TOUR 2016〜AMOUR〜情報まとめ

追記その2
2017年も公演が開催されることが決定しました。
(リンク)2017年の玉置浩二フルオーケストラツアー公演情報まとめ



スポンサーリンク







2016年3月開催のbillboard classics festival 2016の様子がテレビ東京で放送!



テレビ東京系
番組名「billboard classics festival 2016〜豪華アーティストとフルオーケストラ 夢の共演〜」
放送日時 2016年5月28日 16時〜放送
(リンク)番組公式サイト

放送されたのは
「田園」
「メロディー」
「じれったい」
「悲しみにさよなら」
「夏の終わりのハーモニー」

そして中島美嘉さんの
「花束」(玉置さん作詞作曲)
が放送されました。

関連記事
(リンク)中島美嘉の新曲「花束」は玉置浩二が作詞作曲!

番組冒頭には会場入りする玉置さんの貴重な映像がちょっとだけ放送されました。

2016年フルオーケストラ公演「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -CURTAIN CALL-」


一部報道でうわさされていた2016年のオーケストラツアー。

2015年9月になって公式に開催が発表されました。

内容ですが下記の2015年のセットリストに「行かないで」「夢のつづき」の2曲が加わるとのこと。

楽しみすぎます。

それでは公演内容をまとめてまいります。

公式サイト


料金
なんと「2015年の公演が収録された非売品DVD付き」というお得すぎるチケットが発売されるようです
特製DVD付チケット 1万3500円(税込・全席指定)
※1/24の東京公演はさらにクリアファイルも付いて1万5000円

日程


2016年1月24日(日) 東京:Bunkamuraオーチャードホール
会場には平原綾香さん、研ナオコさん、青木隆治さん、徳永英明さんなどからお花が届いていました。
そして高円宮妃久子さま、中島美嘉さんやTOKUさんといった著名な方々が会場に足を運ばれたそうです。
セットリストは2015ファイナルを引き継いだもの。
公演時間は1部40分、休憩20分、2部60分の合計2時間。



2016年2月1日(月) 北海道:ニトリ文化ホール
玉置さんは短髪、黒のメガネ。
青田典子さんのブログでは貴重な公演前にメイクする玉置さんの画像が公開されています。
(リンク)記事タイトル「ステージに向けて☆」
ミュージシャンのTOKUさんが貴重な画像を公開。
(リンク)TOKUさんのツイート
スケート選手の清水宏保さんのブログに貴重な画像が公開。
(リンク)記事タイトル「クラシックライブ」



2016年2月5日(金) 愛知:名古屋センチュリーホール
(リンク)青田さんのブログ記事タイトル「プレミアム シンフォニック コンサート〜カーテンコール」




2016年2月24日(水)〜25日(木) 大阪:フェスティバルホール

バイオリニストのNAOTOさんが公演を鑑賞したことを報告しておられます。
(リンク)ナオトさんのツイート

青田さんが舞台裏の貴重な画像を公開。
(リンク)記事タイトル「大阪フェスティバルホールから横尾忠則現代美術館」



2016年2月28日(日)、3月21日(月) 兵庫:兵庫県立芸術文化センター 大ホール



2016年3月12日(土)、13日(日) 東京:東京国際フォーラム ホールA
「billboard classics festival 2016 in TOKYO」
マイクなし生声で歌う「夏の終わりのハーモニー」に驚いたお客さんの「別格」「段違い」「バケモン」「狂気の沙汰」といった絶賛コメントがSNSでたくさん発見できました。
ロビーでは玉置さんあてにフジテレビのミュージックフェアから花が届いてました。
セットリストはほかに「田園」「ミスターロンリー」「メロディー」「ワインレッドの心」「じれったい」「悲しみにさよなら」。

茅原実里さんがライブを見に行ったことをブログで報告。
(リンク)記事タイトル「感動でいっぱい☆」

出演したMay J.さんがブログで玉置さんについてコメント。
(リンク)記事タイトル「「Sweet Song Covers」全曲解説vol.10」


2016年3月29日(火) 富山:オーバード・ホール
「billboard classics festival 2016 in TOYAMA」
(リンク)オーバードホール公式サイト
※上記2会場での公演は玉置さんのソロツアーではありません。この日の出演は玉置さんのほかに佐藤竹善さん、中島美嘉さん、八神純子さん、May J.さん



2016年4月5日(火) 福岡:福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)

歌手の小田夢乃さんがツイッターで公演を見に行ったことを報告。
(リンク)小田夢乃さんのツイート





2015年11月開催の香港公演の様子が2016年1月にNHK BSプレミアムで放送!



番組名「玉置浩二シンフォニックコンサート in 香港」

放送日:2016年1月31日 22時50分〜
再放送:2016年3月11日 24時55分〜

放送内容、感想
現地の空港に降り立った様子やリハーサル映像などドキュメンタリーの要素も多少ありましたが、ほとんどライブ映像のみで構成されておりたっぷり音楽を楽しめる番組でした。

しかもセトリのほぼ全曲をカットなしで放送。さすがNHKさんです。

歌詞をセリフを語るように歌ったり、メロディーとリズムを大事に歌い上げたり、曲によって色んな歌唱を見ることができて楽しかったです。

個人的には「GOLD」「MR.LONERY」「熱視線(特にAメロの「涙なんか邪魔さ」のとこ)」が最高でした。


2015年フルオーケストラ公演「Koji Tamaki Premium Symphonic Concert
―音楽の宿命的な出会い―」



※2月18日の朝日新聞の夕刊にて公演の特集記事が組まれ、その中で「来年の2016年にも同様の公演を開催」することを示唆する記述もあったとか。楽しみすぎる!

公式サイト

出演
玉置浩二さん

大友直人さん(音楽監修&指揮者)

山下一史さん(指揮者)

柳澤寿男さん(指揮者)

東京フィルハーモニー交響楽団

セントラル愛知交響楽団

九州交響楽団

ビルボードクラシックスオーケストラ

札幌交響楽団

群馬交響楽団

公演情報
主催:ビルボードジャパン(横須賀、名古屋、西宮、大阪、東京)、道新文化事業社(札幌)
後援:米国ビルボード
協力:グレートデン、カリントファクトリー、キョードー東京(横須賀、東京)、サンデーフォークプロモーション(名古屋)、キョードー(西宮、大阪)
企画制作:ビルボードジャパン

ツアーグッズ
Tシャツ、キャンドル、タオルなど

料金
SS席:10,800円 S席: 9,800円 (税込・全席指定) 
※特製プログラム付き

日程


2015年2月8日(日) 横須賀:横須賀芸術劇場
お客さんは1900人

ロビーのお花はFMヨコハマさんやベンツの代表取締役社長兼CEOである上野金太郎さん、堂本兄弟など。

セトリ
1 悲しみにさよなら
2 碧い瞳のエリス
3 恋の予感
5 ワインレッドの心
6 じれったい
7 熱視線
8 FRIEND
9 あこがれ
10 ロマン
11 GOLD
12 それ以外に何がある
13 サーチライト
14 MR.LONELY
15 メロディー
16 コール

アンコール
田園
夏の終わりのハーモニー

サンスポで貴重な画像が公開中

東京フィルの首席オーボエ奏者、加瀬孝宏さんのツイート

青田典子さんのブログでお写真が公開

2月9日の日本テレビ「PON!」にてコンサートの模様が少し紹介。「田園」「コール」「じれったい」「恋の予感」の4曲。ビビる大木さんが「安全地帯は名曲多いね」「凄い」と発言。



2015年2月15日(日) 名古屋:愛知県芸術劇場コンサートホール

青田典子さんがブログで貴重なお写真を公開

哀川翔さんがツイッターで公演に足を運んだことを報告

声優、歌手、ナレーターの茅原実里さんがブログで「素晴らしい時間を過ごすことができた」とコメント


2015年2月27日(金) 西宮:兵庫県立芸術文化センター大ホール

青田典子さんがブログで貴重なお写真を公開



2015年3月8日(日) 大阪:フェスティバルホール

青田典子さんがブログで貴重なお写真を公開



2015年3月11日(水)、12日(木) 東京:東京文化会館大ホール

会場には松井五郎さん、研ナオコさんや小倉智昭さん、沖仁さんらからお花が届いていたようです。

MINMIさんがブログで貴重なお写真と文章を公開

青田典子さんがブログで貴重なお写真を公開

沖仁さんがツイッターで感想を述べていらっしゃいます。

岩城直也さんが素敵な画像とともに感想を述べておられます。



2015年3月26日(木) 福岡:福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)

藤井フミヤさんがお越しになっていたようです。



2015年4月30日(木) 札幌:ニトリ文化ホール

NHKの撮影カメラが会場に入っていたようです。
今後なにかしら放送があるかもです。
ちなみにロビーにはNHK「ソングス」からお花。
楽しみ。

追記
やはりソングスへの出演があるようです!
(リンク)玉置浩二が出演したNHK「SONGS」の番組内容や感想



2015年5月24日(日)Bunkamuraオーチャードホール

公式ツイッターで貴重な画像が公開されております。
(リンク)画像その1その2

そして徳永英明さんが公演を見に行ったことをブログにて報告。
(リンク)徳永さんのブログ記事

さらに、ミュージシャンの熊木杏里さんがブログで公演を見に行ったことを報告。
(リンク)熊木杏里オフィシャルブログ Powered by Ameba(ビルボードクラシック)



2015年5月29日(金)30(土) 東京:東京文化会館大ホール 

日本フィルハーモニー交響楽団の首席コントラバス奏者である高山智仁さんがツイッターにて「バックで弾いてて鳥肌がハンパない」とツイートしていらっしゃいます。

安全地帯のメンバーさん、ピアニストの松田真人さん、シンガーソングライターの美勇士さんも公演を観にいらしたようです!



2015年6月8日(月)  東京:サントリーホール

テレビカメラが複数台入っており、後日テレビ特番が予定されているようです。

ライブ前日の玉置さんの様子を奥様の青田典子さんがブログで公開しています。
音楽家の松本晃彦さんが公演を見に行かれたことをツイッターで報告しています。
品川祐さんがインスタグラムにライブ後の貴重な画像を公開
毎日新聞の川崎浩記者がライブについて「うますぎる」と絶賛。



2015年9月12日(土)  高崎音楽祭2015@群馬音楽センター

9月13日が玉置さん57歳の誕生日ということもあって、本編とは別に玉置さんへのサプライズで群馬交響楽団による「ハッピーバースデー」の演奏があったようです。

(リンク)青田さんが貴重な画像を公開




2015年11月13日(土)  Asia World Arena(香港公演)

(リンク)青田さんが公演や空港の貴重な画像を公開



2015年12月8日(火)   「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2015-THE FINAL-」

リハーサルの段階からすでに共演する演奏家から驚きの声が。

(リンク)戸上眞里さん「いままで共演したポップスの歌手で一番すごいかも」

「夢のつづき」「あなたに」「行かないで」といった楽曲を加えた豪華セットリスト。
安全地帯のメンバーさんはもちろん、プロのミュージシャンも多数観に行ってらっしゃったようです。

(リンク)茅原実里さん

(リンク)近藤晃央さん

(リンク)ハナレグミさん



<8月26日 追記>
6月の東京公演がテレビカメラで撮影されていた件ですが
公式ホームページ等で特番の放送日時が発表されました。

番組タイトル:「玉置浩二 33年目の新境地〜フルオーケストラと夢の競演〜」
放送局:テレビ東京系
日時:9月21日 10時5分〜11時

(追記)番組内容や感想を時系列的にまとめておきます。
・番組冒頭に徳永英明さんがインタビュー出演し「フェイクだけでもお金が取れる歌手」と絶賛。

・「悲しみにさよなら」ライブ映像

・ビルボードクラシックス公演の説明(バックで「恋の予感」「コール」のライブ音源が流れました)

・玉置さんコメント「こんなに安地のヒット曲をたくさん歌うことはない」

・譜面をパソコンのソフトで作る風景が紹介される(デモンストレーションで「田園」のイントロ)

・「恋の予感」ライブ映像
サビの声量がすごかったです。

・田園(福岡、札幌のライブ映像がちょっとだけ)

・舞台裏での玉置さんとお母様の映像

・東京フィルハーモニーとのリハーサル映像(「ワインレッドの心」「恋の予感」)
ナレーションで「歌への真摯な姿勢にスタッフも驚いた」といわれていました。

・玉置さんコメント「バンドの時と違ってプレッシャーがある」「公演が終わると夕日が沈んだようになる」
青田さんのインタビュー映像も流れました。

・サントリーホールの説明(「フレンド」「ワイン」の音源、映像)

・玉置さんコメント「こんないいコンサートホールがあるんだ!と思った」

・リハーサル映像(「夏の終わりのハーモニー」ちょっとだけ)
マイクなしの生歌映像が貴重すぎました。

・最終日の舞台裏映像(玉置夫妻会場入り〜リハーサル「碧い瞳のエリス」〜客入り〜公演前の緊迫した玉置さんの様子)
普段見ることのできない映像の連続。最高!

・ライブ本編開始
「田園(インストver)」※途中、舞台裏でフェイクでアイドリングする玉置浩二
「ワインレッドの心」
MC
「フレンド」
「メロディー」
「サーチライト(ちょっとだけ)」
「田園」
「夏の終わりのハーモニー」

・終演後の観客のコメント

・終演後の舞台裏映像
大友さんが玉置さんの耳元で「これは絶対続けていかなければ」みたいなことをおっしゃっていました。もしかするとこの発言がきっかけで2016年のアンコールツアーにつながったのかもしれません。

・玉置さんコメント「クラシックに救われた」で番組終了。




最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: